専業主婦 即日融資

専業主婦・主夫でも借入ができるところは?【※今日中にお金必要な方へ】

2010年6月18日に施行された改正貸金業法により、専業主婦が利用できないカードローンが生じています。
貸金業法の規制を受ける業種のキャッシングでは、年収の一定割合の融資しか認められない、総量規制の影響があります。
法律による規制になっていますので、専業主婦が利用できるカードローンと利用できないカードローンとの区別をつけられるようにしましょう。

 

■貸金業法の総量規制とは?

 

貸金業法に新たに盛り込まれた総量規制は、業者による過剰な貸付を防止する目的があります。
原則として、年収の3分の1を超える融資が禁止されていますので、毎月5万円のパート収入がある主婦は、最高でも20万円までの融資に制限されています。
専業主婦の場合は、本人名義の年収がありませんので、必然的にカードローンが利用できない結果となってしまいます。

 

■専業主婦が借りれるカードローンはどこにある?

 

専業主婦が借りれるカードローンは、総量規制の影響がない、銀行カードローンになります。
銀行は、銀行法などの規制はありますが、融資の上限額を定めた法律はありません。
ただし、すべての銀行が専業主婦に融資をしているわけではなく、みずほ銀行カードローンのような、一部の銀行で融資が行われているにすぎません。

 

■専業主婦が借入れできるカードローンの限度額は?

 

専業主婦が利用できるみずほ銀行カードローンに申込む場合、借入れできる限度額は、最高でも30万円までと決められています。
家計のやり繰りや自動車の車検などを目的とした融資なら、十分対応できる金額です。
しかし、30万円を超える高額融資が必要な専業主婦は、みずほ銀行以外のカードローンとの同時申込も検討する必要があります。
1つの金融機関から高額融資を受けるよりは、何社かに分散して申込む方が審査にとおりやすいといわれることがあります。
インターネット申し込みを選べば、専業主婦の即日融資も不可能ではなくなるでしょう。
専業主婦お金借りる【※夫に秘密で借入する方法とは?】